2010年02月11日

雪あかりの路 小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)

 北海道小樽の冬をキャンドルの灯で彩る「第12回小樽雪あかりの路(みち)」が5日、市内約45カ所で始まり、計14万本のろうそくに火がともされた。期間は14日までの午後5時〜9時。

 小樽運河では、ろうそくを入れたガラスの浮き球約400個が浮かび、幻想的な光景を作り出した。実行委員会は「昼は札幌で雪まつりを見て、夜は小樽で雪あかりを楽しんで」とアピールしている。【坂井友子】

【関連ニュース】
<写真特集>北海道の雪祭りなら さっぽろ雪まつり2010
支笏湖氷濤まつり:30基の氷像が七色に 29日開幕
<写真特集>光の競演 美しいイルミネーションの数々
<写真特集>冬の北海道 遠い春 厳冬の地から〜力強く美しい野生動物の姿

<節分万灯籠>ろうそくに無病息災の願い込め 春日大社(毎日新聞)
大量の人骨は人体実験?旧軍医校の跡地調査へ(読売新聞)
郵便不正第4回公判 「証明書受け取り」で応酬(産経新聞)
<火災>陸自演習場で枯れ草50ha焼く 熊本(毎日新聞)
座布団焼く火災、室内に男性遺体 千葉市の団地(産経新聞)
posted by カン ミツル at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公務員の裏金づくりに罰則=与野党で法案化検討を−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は4日午後の参院決算委員会で、不正経理で裏金づくりに関与した公務員に対する罰則規定の導入について「不正経理が野放しにされない状況を早くつくるべきだ。政府で立法を検討しても構わないが、各党で一つの法案にまとめる作業をしたらいい」と述べ、与野党に法案化の検討を求めた。公明党の荒木清寛氏への答弁。
 公明党は自民党と共同で、昨年の通常国会と臨時国会に罰則規定を盛り込んだ「不正経理防止法案」を提出したが、審議未了で廃案となった。公務員の組織的な裏金づくりをめぐっては、私的流用を立証しないと業務上横領罪で処罰できないなどの問題点が指摘されている。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
顧客ローン約8000万円を着服=銚子商工信組の元職員逮捕
5月までの結論に「覚悟」=鳩山首相、普天間移設で

創志学園にペナルティー=財源不足のまま大学新設−文科省(時事通信)
「許す。被害届出さない」 朝青龍側が警視庁に示談書提出 示談金も明示(産経新聞)
広瀬武夫に学べ 大分でフォーラム(産経新聞)
<土地購入事件>石川被告「議員で頑張る」 地元道議に電話(毎日新聞)
<衝突>国道で2台 軽の3人重体 秋田(毎日新聞)
posted by カン ミツル at 00:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。