2010年03月10日

阿久根市長「お前たちとは話をしない」委員会退席(読売新聞)

 開会中の市議会本会議への出席を拒否した鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)は8日、市議会産業厚生委員会(8人)で、委員に対して説明を拒んだうえ、「お前たちとは話をしない」と声を荒らげて退席した。

 市議会は4、5日の本会議流会に続き、委員会審査も空転する事態となり混乱が続いている。

 竹原市長は新年度から、競争原理を前面に出した教育法を小学校1校の学童保育に取り入れることに意欲を見せている。委員会側は担当の生きがい対策課長に、教育法についての詳しい説明を求めていた。

 複数の委員によると、この日、担当課長は「市長の指示で何も答えられない」と答弁。委員会側は竹原市長に出席を求めた。

 しかし、市長は質問には答えず、「議会は今も私を不信任している」「市民は議会を議論する場だと思っているが、実際は議論していない」などと主張。委員と市長のやり取りが約10分間続いた後、市長は委員会室を後にしたという。

 木下孝行委員長は「説明責任を果たさない市長の態度は、市民の代表である議会はいらないと言ってるようなもの」と批判。委員会の今後の対応は未定という。市議会は10日に本会議を再開予定だが、市長派の松元薫久委員は「このままでは市長が出席しても、審議が進むか不安」と話した。

<中2自殺>市教委がメモ公開 いじめの有無「確認できず」(毎日新聞)
<京橋花月>吉本・辻本座長と松竹・渋谷代表“歴史的共演”(毎日新聞)
「先祖のおかげで今の立場に」=鳩山首相、祖父の墓参り(時事通信)
疼痛ケア「受けたことない」が約6割(医療介護CBニュース)
クラビットの有効成分を3倍にした点眼剤を承認申請―参天(医療介護CBニュース)
posted by カン ミツル at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。