2010年03月29日

石炭じん肺訴訟、国に賠償命令=消滅時効認めず−札幌地裁(時事通信)

 北海道内の炭鉱で働き、じん肺になった患者や遺族が、国に対し1人当たり1150万円の賠償を求めた新北海道石炭じん肺訴訟第3陣のうち、国が損害賠償請求権の消滅時効を主張した15人(4人死亡)に対する判決が26日、札幌地裁であった。中山幾次郎裁判長は消滅時効の経過を認めず、1人当たり477万〜917万円を支払うよう国に命じた。
 原告15人について、消滅時効(3年)の期間が経過しているかが争点となった。 

【関連ニュース】
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携

提供したくない臓器に×=脳死移植、新様式で意見募集−厚労省(時事通信)
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」(産経新聞)
「有名人来る」と原宿に殺到騒ぎ、少女3人搬送(読売新聞)
東京で桜が開花 平年より6日早く(産経新聞)
子宮頸がんワクチン接種 定期検診とセットで(産経新聞)
posted by カン ミツル at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。