2010年01月22日

国産「バイオ後続品」を初めて承認(医療介護CBニュース)

 日本ケミカルリサーチ(JCR)とキッセイ薬品工業は1月20日、腎性貧血治療薬「エポエチンアルファBS注JCR」の製造販売承認を取得したと発表した。協和発酵キリンの腎性貧血治療薬「エスポー」のバイオ後続品。国内の「バイオ後続品」の承認はサンド日本法人のヒト成長ホルモン製剤ソマトロピンに続き2例目で、国産としては初めて。両社で医療機関への医薬情報提供活動を実施する。

 腎性貧血は慢性透析患者の主な合併症。両社によると、慢性透析患者は2008年末時点で約28万2000人に上り、このうち多くが「エスポー」や中外製薬の「エポジン」といったEPO(エリスロポエチン)製剤による腎性貧血の治療を受けている。


【関連記事】
バイオ後続品の共同開発で提携交渉―日医工
腎性貧血治療薬市場にバイオ後続品が参入へ―日本ケミカルリサーチ
バイオ後続品の薬価算定に配慮を―中医協・長野専門委員
シナジー効果で医薬品の営業利益増―協和発酵キリン
エポジンの効能追加を申請―中外製薬

<モンキードッグ>“猿害”は犬の力で 深刻な農作物被害で(毎日新聞)
遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任(読売新聞)
地域での介護、「保険だけでは収まり切らない」―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
インド洋給油活動終了へ 防衛相が撤収命令(産経新聞)
自民中堅が政策グループ「のぞみ」 山本有二氏ら5人(産経新聞)
posted by カン ミツル at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。